閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月28日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:Teck Resources社、Quebrada Blancaフェーズ2の建設再開

 2020年7月24日付け地元メディアによると、Teck Resources社は新型コロナウイルスの影響を受け、今年3月に一時中断していたQuebrada Blancaフェーズ2(QB2)の建設工事を徐々に再開していることを発表した。今年3月に人員を500名未満まで削減したが、現在は約3千名が現場作業に戻り、道路建設作業等を再開している。同社は、衛生状態が許す限り、10月末までに最大8千名の労働者を現場に戻すことを予定している。パンデミックの結果として建設工事を中断したことによる経済的影響は、2020年第2四半期に260mUS$となり、10月までに290mUS$に達する可能性がある。また、10月末にフル稼働に戻せず、建設が1か月遅れるごとに25~35mUS$のコストが発生すると説明している。プロジェクト建設現場内での社会的距離を保つために、労働者の宿泊施設などを拡大する必要があり、これには40mUS$のコストが見込まれている。(2020年3月23日付 ニュース・フラッシュ:Teck社、COVID-19に対応しQuebrada Blancaフェーズ2の建設を一時中断及び4月7日付 ニュース・フラッシュ:Teck社、Quebrada Blancaフェーズ2の資本見積もりを更新参照)

ページトップへ