閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年7月29日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:RCC社、2020年のロシア資産への投資は前年比12%増へ

 2020年7月20日付けの地元報道等によると、Russian Copper Company(RCC社)は2020年、ロシアにおける開発に前年比12%増の54bRUB(ロシア・ルーブル)超を投資する。また、カザフスタンにおける投資は前年並みの約74mUS$を予定している。
 RCC社は、採鉱・製錬分野のいくつかの投資プロジェクトを実施中で、これらは原料の自給性確保、効率向上、生産能力拡大を目的としている。また、同社はMalmyzhskoe銅鉱床(ハバロフスク地方)、Tarutinskoe金・銅鉱床(チェリャビンスク州)の開発準備を行っている。Karabashmed社(チェリャビンスク州)では、粗銅230千t(銅アノード265千t)への年産能力拡大に向けた設備更新が行われており、Kyshtym Copper Electrolytic Plant(チェリャビンスク州)では、銅電解プラント(銅カソード年産能力125千t)の設備更新プロジェクトが実施されている。

ページトップへ