閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
グラファイト
2020年7月29日 ヨハネスブルグ 原田武

モザンビーク:Balamaグラファイト鉱山、生産休止に伴い人員を削減

 2020年7月23日付け豪Syrah Resources社の発表によると、同社がモザンビークにて操業するBalamaグラファイト鉱山は、休止期間に入っており、2020年6月末までの第2四半期における生産量はゼロ、販売量も9千t(前年同期53千t)にまで落ち込んでいる。また、休止期間中の労働者数を65%まで削減し、生産を再開する場合の最小限の人数にまで絞るとした。同鉱山は、2020年3月末から、新型コロナウイルス蔓延に伴う需要の低減及び国内外の移動制限を理由に操業を休止している。

ページトップへ