閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年7月29日 シドニー Whatmore康子

豪:Sandvik社、坑内採掘の最適化ソリューションにおけるドローン活用に向けた取り組みを実施

 2020年7月21日付けの地元メディアによると、鉱業機械メーカーSandvik社は、ドローン技術の開発企業Exyn Technologies社とパートナーシップを締結し、坑内採掘ソリューションにドローンを活用するプロジェクトを開始すると発表した。このプロジェクトは、Sandvik社が開発した坑内採掘を最適化するソリューションOptiMineと、Exyn社が開発したドローンが取得する情報を統合し、坑内で危険かつアクセス困難なエリアにおけるマッピングや3D映像化が可能なソリューションを開発するものとされる。OptiMineは、データに基づき坑内のマッピングや採掘効率の分析などを行う統合最適化ソリューションであり、Exyn社が開発するドローンは、GPSが使用できない環境においてもリアルタイムで自動ナビゲーションが行えるとされている。Sandvik社はこのプロジェクトについて、鉱業、物流や建設業等においてリアルタイムで必要なデータを、より安全に、より低コストかつ効率的に取得することを可能とするものであるとしている。

ページトップへ