閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2020年7月30日 シドニー 吉川竜太

ニューカレドニア:ValeによるGoroニッケルプロジェクトの売却プロセス、2か月の遅延か

 2020年7月24日付けの地元メディアによると、伯Valeがニューカレドニアで展開するGoroニッケルプロジェクトの売却プロセスが、遅延の危機に直面している。同プロジェクトの売却を巡っては、現在豪New Century Resources社が7月27日の週までの独占交渉権を得て、同プロジェクトの95%の権益取得を目指しているが、地元メディアによると2か月間の交渉期間延期となる見込みである。Valeによる同プロジェクトの再建計画には低品位ニッケル鉱石のDSOが含まれているが、ニューカレドニア独立支持派は、これを許可する鉱業法改正に強く反対しているとされる。また、Goroプロジェクト周辺の先住民グループは声明を発表し、New Century社は専門知識を欠くとして同プロジェクトのNew Century社への売却に対して反対し、その代わりに同国にニッケル資産を保有するSociete Minere du Sud Pacifique社に売却されるべきであると表明している。

ページトップへ