閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月4日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:CODELCO、Salvador地区Rajo Incaプロジェクトの延期を取締役会で承認

 2020年7月31日付け地元メディアによると、前日開催されたCODELCO取締役会においてRajo Incaプロジェクトへの投資承認が行われる予定であったが、当プロジェクトを今のところ先に進めることができないとした投資委員会の決定が承認された。計画の変更は国家防衛委員会(CDE)が提起した訴訟の後に行われた(2020年7月28日付 ニュース・フラッシュ:CODELCO、Salvador地区に対する環境破壊訴訟を環境裁判所が受理参照)。Rajo Incaプロジェクトの投資決定が先送りされると、鉱量が枯渇しているSalvador地区の労働者にとっては重要な問題となる。しかし、CODELCOは、問題の早期解決のための代替案にすでに取り組んでおり、そのひとつは、解決にかかる期間を短縮しプロジェクトの実行可能性を高める意図で、CDEとの和解を試みることであるとしている。

ページトップへ