閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月4日 リマ 栗原健一

ペルー:COVID-19対策給付金要求争議、政府代表団が現地入り試みるも実現せず

 2020年7月27日付け地元業界紙によると、同日、Antapaccay銅鉱山とEspinar郡の間に存在するEspinar枠組協定とその基金を財源とするCOVID-19対策給付金要求のデモ抗議収束を目的として、政府のハイレベル委員会が現地での協議を試みたものの、実現しなかった。
 本ハイレベル委員会はCauti鉱山副大臣をはじめ、労働雇用促進省、保健省、法務人権省、内務省などの副大臣らによって構成され、Cusco市入りしたものの、抗議現場であるEspinar郡への移動前に、同郡の市民団体などが本委員会との協議について事前調整が不十分であると主張していること、またEspinarまでの道中における道路封鎖やデモを計画していることなどが判明したため、本委員会の訪問は取りやめとなった。
 エネルギー鉱山省は、今後改めて協議の日程を決めるべく関係者との調整を行う方針を示している。

ページトップへ