閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月4日 バンクーバー 武市知子

加:中国の金生産企業、問題を抱えるカナダの同業企業に対し買収提案

 中国国営の金生産企業は、西側諸国の鉱山企業よりも長期的な視点に立った投資戦略、安い原材料費や人件費の活用及び低利での資金調達が可能であることを背景に、問題を抱えるカナダの金生産企業に対し買収提案を行っている。この数か月間でZijin Mining Group(紫金鉱業集団)社は323mC$でGuyana Goldfields社を、Shandong Gold Ming(山東黄金礦業)社は207.4mC$でTMAC Resources社の買収提案を行った。Guyana社は長期にわたりガイアナのAurora金鉱山で品位の問題を、TMAC社はNU準州のDoris金鉱山でミルの低生産性という問題を抱えている。
 COVID-19の影響で、4月に加連邦政府は買収案件の審査を強化することを発表しており、上記2案件が国家の安全保障にかかわると判断された場合は、Investment Canada ActのSection 25.3に従い、追加審査が行われる可能性がある。TMAC社のDoris金鉱山は大西洋と太平洋をつなぐ北西航路の海岸近辺という、国家安全保障上の観点から極めて重要な場所に位置するため、加連邦政府の判断が注目される。

ページトップへ