閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月6日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:豪Nusantara Resources社、南Sulawesi州にて2023年から金生産開始予定

 2020年7月21日付け地元メディアによると、豪Nusantara Resources社は、南Sulawesi州のAwak Mas金プロジェクトについて、2023年の第1四半期から生産を開始する予定であることを明らかにした。2020年6月に更新した最新DFS調査結果では、当初マインライフは16年間で、156mUS$の設備投資、16mUS$の総生産投資を行い、合計1.5百万ozの金を生産する。金価格を1,700US$/ozと仮定した場合、税引き後NPVは517mUS$、同IRRは45%。銀行団から2020年内に140mUS$の資金を調達し、2021年に建設および試運転まで行う予定とのこと。なお同プロジェクトを運営するPT Masmindo Dwi Areaの株式は、同社が60%、PT Indika Energyが40%保有している。

ページトップへ