閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月7日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:2020年上半期の銅生産量は前年比2.6%増

 2020年8月5日付け地元メディアは、Cochilcoが発表した2020年上半期のチリの銅生産量として、2.832百万tに達したと報じた。前年同期の2.761百万tに比べ2.6%増加している。主にCODELCO保有の各鉱山のほか、Escondida銅鉱山、Collahuasi銅鉱山の生産量が増加しており、それぞれ前年同期比でCODELCO 3.5%増、Escondida銅鉱山5.1%増、特にCollahuasi銅鉱山は26.8%増加したほか、Los Pelambres銅鉱山1.3%増、Candelaria銅鉱山11.5%増、El Abra銅鉱山1.5%増など、軒並み前年同期を上回る結果となった。Marco Rivero Cochilco副総裁の説明によれば、2020年上半期に生産量が増加したのは、採掘計画を調整して品位が高い鉱石の採掘を優先したことが主な原因としている。労働者の安全衛生を保護するために、鉱山会社はオペレーションならびプロジェクトにおいて出勤者の数の調整を行ったが、衛生危機にもかかわらず業績を向上させるために採掘計画を変更したことにより生産量が増え続けた、と述べた。

ページトップへ