閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年8月11日 ロンドン 倉田清香

その他:Global Tailings Review、Global Industry Standard on Tailings Managementを公表

 2020年8月5日付けのプレスリリースによると、Global Tailings Review(GTR)は、Global Industry Standard on Tailings Management(廃滓施設管理に関する国際業界規格、以下「本規格」)を公表した。本規格は、鉱業界における廃滓施設の安全性向上を目的とした初の国際業界規格となっており、廃滓施設のライフサイクル全体をカバーするものとなっている。所在地及び操業者に関わらず、既存の廃滓施設及び将来の廃滓施設にも適用されるものとなっている。本規格は、国際金属・鉱業評議会(International Council on Mining and Metals, ICMM)、国際連合環境計画(the United Nations Environment Programme, UNEP)及び責任投資原則(Principles for Responsible Investment, PRI)が共同で立ち上げたGTRの独立プロセスによって作成された。各団体は本規格を支持し、業界全体による広く効果的な実装を求めている。
 本規格は、前文の他以下の6つのトピック及び付属文書で構成される。
 トピックI:影響を受ける地域社会
 トピックII:統合的な知識ベース
 トピックIII:廃滓施設の設計、建設、操業及びモニタリング
 トピックIV:管理とガバナンス
 トピックV:緊急対応と長期的な復旧
 トピックVI:情報公開と情報へのアクセス

ページトップへ