閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月13日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:BHP、840mUS$を支払い石炭火力発電からの買電契約を終了

 2020年8月10日付けメディア報道によると、BHPが運営するEscondida銅鉱山及びSpence銅鉱山は、2008年にAES Gener社と契約したAngamos石炭火力発電所からの電力供給契約を早期終了させるため、総額で840mUS$を支払う予定である。電力供給期間は、Escondida銅鉱山が2029年まで、Spence銅鉱山が2026年までであったが、それぞれ2021年8月末までに変更される。

ページトップへ