閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年8月18日 リマ 栗原健一

ペルー:Espinar郡COVID-19対策給付金要求争議、政府ハイレベル委員会の仲介で合意達成

 2020年8月7日付け地元業界紙によると、Antapaccay銅鉱山とEspinar郡の間に存在するEspinar枠組協定やその基金を財源とするCOVID-19対策給付金を要求するデモ争議が起きていたことに関して、8月7日、政府のハイレベル委員会が現地入りし協議を仲介した結果、地域住民に対する1kPEN(ヌエボ・ソーレス)相当のプリペイドカード配布や、デモ抗議の即時停止などが合意された。本プリペイドカードは、食料品や医薬品、防寒具、PPE購入のほか、教育費や水道光熱費の支払いに充てることが可能なものとなっている。
 一方、本件についてMartos首相は、Incháusteguiエネルギー鉱山大臣、Echegaray環境大臣、Montenegro農業・灌漑大臣を筆頭とするハイレベル委員会が協議の合意形成を推進したこと、また今回の合意によりEspinar枠組協定基金から44mPENが拠出され、プリペイドカード配布のほかにも酸素ボンベや酸素プラントの寄付が行われることになったと説明した。

ページトップへ