閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月18日 リマ 栗原健一

ペルー:Hudbay Minerals社、2021年初頭にPampacancha銅鉱床採掘開始の見通し

 2020年8月12日付け地元業界紙によると、Hudbay Minerals社は、2020年第2四半期におけるConstancia銅鉱山(Cusco州)の選鉱処理量が、COVID-19に係る国家緊急事態令による操業停止の影響を主要因として、前四半期比で35%減少したと発表した。また、2020年第2四半期中にミルが稼働していた期間における平均処理量は95千t/日で、第1四半期に比べ品位は安定していたものの、選鉱処理の対象となったストック済み鉱石の性質が、銅の低い回収率に影響したとコメントした。
 同社のKukielski社長は、Constancia銅鉱山では2020年5月の操業再開後、速いスピードで能率的に活動を回復して現在はフル操業に至っているとし、その結果として2020年の新たな生産見通し(銅65~75千t、貴金属25~35千oz)を発表することができたとコメントした。さらに、Pampacancha銅鉱床の採掘開始は2021年初頭となる見通しを明らかにした。

ページトップへ