閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
マンガン
2020年8月19日 シドニー Whatmore康子

豪:South32社、GFG Alliance社とTAS州のマンガン合金製錬所の売却契約を締結

 2020年8月13日付けのメディアによると、豪South32社は、同社とAnglo Americanが権益比率60:40で運営するSamancor Manganese JVが保有する豪GEMCO社傘下の豪TEMCO社を、英国の著名ビジネスマンSanjeev Gupta氏の系列企業であるGFG Alliance社に売却する契約を締結したことを明らかにした 。TEMCO社はTAS州でマンガン合金製錬所を操業する企業であり、GFG社は同製錬所の既存顧客の1社であった。TEMCO社の売却は外国投資審査委員会(FIRB)の審査対象となっており、この審査による認可を受けて売却が成立した場合、GEMCO社が豪州北部Carpentaria湾沖合のGroote Eylandt島で生産するマンガン鉱石をTEMCO社に供給するという条件が設けられている。South32社のGraham Kerr CEOはTEMCO社の売却について「我が社の資産ポートフォリオ再編成の一環である」と述べた。

ページトップへ