閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル レアアース/希土類
2020年8月20日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:2030年までに世界でのレアアース生産シェア10%を目指す

 2020年8月12日付けの地元報道等によると、現在ロシアによる世界でのレアアース生産シェアは1.3%だが、2030年までに同シェア10%を目指す。
 Besprozvannykh産業商務省次官によると、ロシアは海外に加工原料を供給し、主に中国から完成品が輸入されている。プーチン大統領が2016年に国の防衛にとって‟Critical”と呼んだレアアース製品生産について、ロシアは自給自足できるように長い間計画していたが、これを支援するためのプロジェクトが遅れている。産業の開発を促進するため、ロシアは2020年1月からレアメタルの鉱物抽出税を8%から4.8%に引き下げ、新規プロジェクトについては、開始から10年間は0.1の係数がかけられることになった。
 2020年、ロシア政府はRosatomと産業開発のためのロードマップに合意した。これには、100~110bRUB(ロシア・ルーブル:約1.5bUS$)の民間投資参加を含む11のレアアースのプロジェクトが含まれている。Besprozvannnykh次官は、ロシアは外国からの投資の準備ができており、提案が来ればいつでも検討すると語った。

ページトップへ