閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年8月24日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:COVID-19による鉱業部門の損失は約4bUS$に

 2020年8月20日付け地元紙は、Francisco Quiroga鉱業次官に対するインタビューを掲載し、その中で、COVID-19感染蔓延により国内鉱山が約2か月間に亘って操業停止した結果、鉱業部門の損失は約4bUS$と推定されていることが明らかとなった。この額は現在の為替で102bMXN(メキシコぺソ)と、2020年の保健省予算の79%に相当する。メキシコ鉱業会議所によると、2020年の鉱物生産量は17%減少、輸出量は10%減少することが予測されているほか、銀年間生産量に関してはCOVID-19感染蔓延前には約10千t(324百万oz)と予想されていたものの、その後約8千t(270百万oz)と下方修正された。COVID-19による厳しい状況が明らかとなった一方で、Quiroga次官は最近のMXN対US$価格下落及び金、銀、銅価格の上昇により、鉱物産出国にとって好ましい状況にあると期待を示した。

ページトップへ