閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年8月24日 ロンドン 倉田清香

その他:Fitch Solutions社、鉱業生産量が年末まで増加と予測

 2020年8月18日付けのメディア情報によると、英Fitch Solutions社は、ロックダウンによる制限がなくなることで、2020年後半は一般炭を除くほとんどの鉱物の鉱業生産量と投資額が前半よりも増加すると予想した。さらに各企業の見通しから、2021年についても、2020年と比較して鉱業生産・設備投資が増加すると予想した。ただし、当初、新型コロナウイルス肺炎によるパンデミックや政府からの指示の不確実性により、企業のキャッシュフローや設備確保のためのサプライチェーンに影響が生じ、プロジェクトの遅延や一時停止が生じた。これにより、プロジェクトの完了とその次のプロジェクトの立ち上げに遅れが生じることから、2021~2022年の鉱山生産の成長予測において下向きのリスクが高くなると共に、2023年に上向くリスクがあると予測した。さらに、鉱山開発を大幅に削減した企業では、将来の短期及び中期的な生産に影響が生じる可能性があると指摘した。他にも、Fitch Solutions社は、新型コロナウイルス肺炎のパンデミックが、企業にとってオンサイト要員を最小限に抑えながら価値を高めるストレステストの役割を果たしたとも言及している。

ページトップへ