閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月25日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:Antofagasta Minerals社、2020年上半期の決算報告

 2020年8月20日付けAntofagasta Minerals社は、2020年上半期の決算報告を行い、世界市場での新型コロナウイルス感染拡大の影響による銅価格下落(前年同期比12.5%減)が主な原因で、前年同期に比べ15.3%減少し、2.139bUS$となったことを報告した。同社CEOのIvan Arriagada氏は最近の銅市場動向について、「世界市場での高いボラティリティ、パンデミックからの回復をめぐる不確実性が価格に反映されるだろうから、銅の高価格はいつまで続くかわからない。したがって、価格動向を良く観察する必要がある。」と述べた。
 パンデミックが続いているにもかかわらず、2020年上半期の銅生産量は371.7千tに達し、コストは前年同期から6%減少した。現在、新型コロナウイルス感染防止対策により、通常の3分の2の人員で操業している。建設が中止されている開発プロジェクトについては、感染リスクを減らす新しいプロトコルを追加し、徐々に再開させることも発表された。

ページトップへ