閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月25日 リマ 栗原健一

ペルー:Mina Justa銅プロジェクト建設、84.6%の進捗状況

 2020年8月18日付け地元業界紙によると、Minsur社は、COVID-19の影響により、San Rafael錫鉱山(Puno州)における2020年第2四半期の錫精鉱生産量は前年同期比49%減の2,568tだった一方、同年第1四半期に操業を開始したB2(廃滓からの錫回収)は111tを生産したことを発表した。またPucamarca鉱山(Tacna州)における第2四半期の金生産量は前年同期比29%減の19,354tだったと報告した。
 さらに同期の資本的支出は、Mina Justa銅プロジェクト(Ica州)の鉱山建設やSan Rafael錫鉱山(Puno州)における廃滓プラットフォーム建設を主な要因として、前年同期比23%増の228.4mUS$となったことを明らかにした。
 また、総額1,600mUS$の投資が予定されるMina Justa銅プロジェクトの鉱山建設は6月17日に再開し、84.6%の進捗状況にあると報告した。

ページトップへ