閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年8月27日 リマ 栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山、2020年上半期生産量は前年同期比29%減

  2020年8月20日、MMG社は、2020年上半期におけるLas Bambas銅鉱山の銅生産量は前年同期比29%減の131,698t、収益は17%減の751.2mUS$で、EBITDAは38%減の333.2mUS$となったことを明らかにした。同社は本結果の要因について、年頭に南部鉱物輸送道が地域住民によって封鎖され、精鉱を輸送できず輸出量が減少したほか銅価格が下落したこと、さらにCOVID-19の拡大による影響を大きく受けたと説明しつつ、このような状況の中においても限られた人員体制による操業を継続したとコメントした。またこのような中、コスト削減や生産効率の改善に取り組む一方で、Las Bambas銅鉱山の2020年の生産見通しについては当初の計画を撤回することを明らかにした。
 さらに2020年下半期生産量の見通しについては政府や地元地域とのコミュニケーションや調整を図りつつCOVID-19対策を行いながら活動し通常操業の回復を目指す一方、Chalcobamba銅鉱床における探鉱活動や、開発に向けた許認可取得を進めたいとの方針を示した。

ページトップへ