閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石 その他
2020年8月27日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:Baimsky採鉱選鉱コンビナートへの道路建設費は約70bRUB

  2020年8月13日付けの地元報道等によると、KAZ Minerals社(カザフスタン)は2020年夏、Baimsky採鉱選鉱コンビナートとChaun湾Nagleinyn岬の港湾ターミナルを結ぶチュクチ自治管区の自動車道路建設に共同で投資することでロシア政府と合意した。
 コンビナートから港への製品輸送に必要なこの道路(延長428km)の建設費は約70bRUB(ロシア・ルーブル)と見積もられている。2026年のコンビナート操業開始までの完成を予定している。
 道路建設は二段階で行われ、第一段階はコンビナートからBilibino市まで、第二段階はBilibino市からNagleinyn岬までの区間を建設する。KAZ Minerals社は第一段階部分を自己資金で建設することを決定した。
 Baimskaya鉱化帯の開発プロジェクト(チュクチ自治管区Bilibino地区のPeschanka鉱床をベースとするBaimsky採鉱選鉱コンビナートの建設)は、2018年から実施されている。KAZ Minerals社は、同プロジェクトに519bRUBを投資する予定で、既に約200mUS$が準備作業に投資されている。コンビナートの鉱石年間処理量は最大700千t、年産量は銅250千t以上、金400千ozを予定している。

ページトップへ