閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ニッケル
2020年8月27日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:旧Ufaleynickel社サイトに2つの新規プラント設立へ

  2020年8月18日付けの地元報道等によると、チェリャビンスク州では、かつてのUfaleynickel社ニッケル生産サイトに2つの新規プラントが設立される。
 亜鉛電解プラントのプロジェクトにはPolymet Engineering社が21.4bRUB(ロシア・ルーブル)超を投資する。プラントの亜鉛年産能力は120千tで、820人の雇用が創出される。もう1つのプラントでは粉砕ボールの製造が行われる。このプロジェクトにはFormat-EK社が50bRUB超を投資する。同プラントは鉱業用粉砕ボールを年間246千t生産することができ、240人の雇用が創出される。両プラントの建設完了と試運転開始は2022年半ばを予定している。
 Ufaleynickel社は2017年に破産し、ロシアではNorilsk Nickelが唯一のニッケル生産者となっている。

ページトップへ