閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年9月3日 ヨハネスブルグ 原田武

マリ:Barrick社及びAngloGold社のMorila金鉱山を豪ジュニアMali Lithium社が買収を計画

 2020年8月31日付けメディアによると、豪ジュニアMali Lithium社は、Barrick社とAngloGold Ashanti社からマリ共和国Morila金鉱山を買収する計画を発表した。同鉱山は、Barrick社への合併前のRandgold Resources社にとっての主力金鉱山であり、Morila the Gorillaとも呼ばれ、2000年の生産開始以来金6.9百万ozを産出している。現在、テーリングから金50千oz/年を回収しているが、2021年には閉山する予定であった。しかし、Mali Lithium社に所有者が変わり、既存インフラを使いつつ衛星鉱体の開発を行うことで、同鉱山のマインライフを延長する計画である。Mali Lithium社は、Morila金鉱山のBarrick社が保有する40%、AngloGold社が保有する40%の権益を取得するとされる最終契約は決算後に行われるとしているが、22~27mUS$になると見積もられている。

ページトップへ