閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年9月8日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:中央銀行が海外収入の国内送金の徹底を鉱山会社に要請

 2020年8月27日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行は、米ドルに対する現地通貨の下落を抑えるために、鉱産物の輸出に伴う海外収入の国内への送金を徹底するように鉱山会社に対して通知した。DRコンゴでは鉱業法上、国内の鉱産物を輸出した際、海外口座にその収入を受けてから15日以内に、収入の60%をDRコンゴ国内の口座に送還することが義務づけられている。2018年以前の旧鉱業法では40%であったところが、法改正により規制強化された経緯がある。中央銀行総裁は、鉱山会社に本規定の遵守を訴え、遵守しない場合は処罰されると警告している。

ページトップへ