閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
プラチナ ルテニウム パラジウム ロジウム イリジウム
2020年9月9日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Implats社、2021年度の資本投資を例年より増やす見通し

 2020年9月3日付けImpala Platinum社は、2021年度(2021年6月まで)のガイダンスにおける資本投資額を6,000~6,800mZAR(南ア・ランド:360~409mUS$)に設定した。2020年度の実績4,488mZAR、2019年度の実績3,786mZARと比べて大きな数字を設定した。Impala Rustenburg白金族鉱山の主力生産シャフトである16シャフトや20シャフトの拡張、及びジンバブエZimplatsのMupani白金族鉱山の拡張がキーになるとしている。今後も中長期的に、マーケットにおけるパラジウム・ロジウムが不足する傾向は続くと見ている。6E(Pt、Pd、Rh、Au、Ir、Ru)精鉱の年間生産量は、2020年度実績が2,849千oz 6E(前年比5.3%減)であったところ、2021年度のガイダンスとして2,800~3,400千oz 6Eと設定している。

ページトップへ