閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年9月9日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Grasberg銅・金鉱山が作業員の抗議行動により一時操業中断

 2020年8月28日付け地元メディアによると、8月24日、PTFI(PT Freeport Indonesia)が操業しているPapua州Mimika県Grasberg銅・金鉱山において、鉱山側がコロナ禍対策として実施していた移動制限措置に対し、1千人以上の従業員が作業ボイコットや鉱山出入口封鎖等の抗議行動を実施したため、同鉱山が一時操業を中断する事態となった。同鉱山では、コロナ禍対策として3月以来近隣の最も近い町からの移動を制限しており、家族の元に戻ることもままならず、帰郷もできていなかったため、従業員の不満が蓄積していた。これを受けて、PTFIは従業員側と協議し、4月以降休暇を取得していない従業員4,800人を優先的に休暇取得可能とすること等により、8月26日までに合意に達した。同鉱山は既に操業を再開しているとのこと。

ページトップへ