閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年9月10日 リマ 栗原健一

ペルー:Minera Ares社、Inmaculada金・銀鉱山で資源量把握の探鉱を計画

 2020年9月7日付け地元業界紙によると、9月5日、Minera Ares社(Hochschild社子会社)は、Inmaculada金・銀鉱山(Ayacucho州)の環境影響評価(EIA)修正を目的とする5回目の技術根拠報告書(ITS)を提出した。本ITSでは、資源量の確認を目的とする試錐座16か所の設置や38本の試錐実施、ストックパイルの拡張、ズリ破砕プラントやオアソーティングプラント、多目的プラットフォーム設置などの計画が示されている。
 なお、これら新たな設備の設置や試錐は、全て既存のEIAで承認された直接環境影響エリアの範囲内で実施される計画となっている。

ページトップへ