閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年9月15日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、鉱業エネルギーグッドプラクティス集約センター(RIMAY)枠内に多セクター作業グループを設置

 2020年9月9日、エネルギー鉱山省(MINEM)は省決議RM273-2020-MINEM/DMを公布し、鉱業エネルギーグッドプラクティス集約センター(RIMAY)枠内における多セクター作業グループの設置を発表した。
 RIMAYは、2018年7月に鉱業・エネルギーセクターにおけるグッドプラクティスの共有推進や、持続的な資源開発による国家発展に向けた産官学民による合意形成を目的として設立され、2019年初頭に「2030年鉱業ビジョン」を発表した。
 今回の省決議に基づく多セクター作業グループは、特に鉱業セクターにおいてRIMAYの目的を担う組織が必要であるとの認識のもとで設立され、MINEMを筆頭に、首相府、生産省、環境省、経済財務省、文化省、農業灌漑省の高官によって構成される。
 また2年間有効の時限的組織として、MINEMその他関連機関に対する政策提言、鉱業開発を目的とする産官学民の合同アクション調整、長期的鉱業戦略に係る中立的、独立的な多数参加型対話スペースの提供、鉱業グッドプラクティスの特定や普及などを行うことが計画されている。

ページトップへ