閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年9月17日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、Moquegua州、Loreto州、Cajamarca州、Piura州にセクター間管理委員会を設置

 2020年9月10日、エネルギー鉱山省(MINEM)は、9月14日の週から、格差解消を目指す投資や開発イニシアチブを推進する国家、公的機関、国民、民間セクター間の取り組みに寄与するため、複数の州にセクター間管理委員会(Comité de Gestión Intersectorial)を設置すると発表した。
 Incháustegui大臣によれば、第1フェーズとして、まずMoquegua州に本委員会を設置後、Cajamarca州、Loreto州、Piura州に展開し、資源採掘プロジェクトや、プロジェクトによる地域開発への貢献に対する信頼の確立を模索したいとの考えを示した。
 また現在、資源採掘プロジェクトは全ての社会的主体による合意が存在する場合のみ実施可能であり、資源開発は影響下のエリアにおける格差解消に寄与するべきだとする新パラダイム(考え方)が世界的に存在していると説明した上で、Cajamarca州、Ancash州、Arequipa州などでは民間セクターが州政府や地方自治体との合意に基づき農村電力化や上下水道、道路整備プロジェクトの実現を支援しているほか、国家の役割はこのようなセクター間の協力関係や社会環境法規の履行推進、格差解消に向けた地方政府との調整などを行うことだとコメントした。
 最後に、Quellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)、Mina Justa銅プロジェクト(Ica州)、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト(Junin州)の建設は進行中であるほか、San Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)、Yanacocha金鉱山硫化鉱プロジェクト(Cajamarca州)も順調に進んでいると述べた。

ページトップへ