閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類 ニオブ
2020年9月17日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:ThreeArc Mining社、Tomtorレアアース鉱床の鉱物資源量の初期評価が完了

 2020年9月8日付けの地元報道等によると、ThreeArc Mining社(Polymetal社が9.1%を所有)は、サハ共和国(ヤクーチア)オレニョク・エヴェンキ地区のTomtorレアアース鉱床Buranny鉱区の鉱物資源量評価を完了した。得られた結果によると、総資源量は鉱石13.20百万tで、品位:五酸化ニオブ(Nb2O5)5.9%、レアアース酸化物(REO)15%である。2021年初めに鉱床開発のプレFS作成、同年末に剝土作業開始、2022年に商業生産開始が予定されている。
 本鉱床は世界最大級のレアアース鉱床とされており、Buranny鉱区の開発ライセンス(有効期限:2034年8月)は2014年8月よりVostok Engineering社(ThreeArc Mining社傘下)が所有している。2020年3月、Polymetal Int社(JSC Polymetal社の資産を統合)はThreeArc Mining社の株式9.1%を20mUS$で取得した。

Tomtorレアアース鉱床の鉱物資源量(JORC準拠)
  概測資源量 予測資源量 合計
鉱石(百万t) 11.8 1.4 13.2
鉱石中の平均品位(%)
Nb2O5 6.0 4.7 5.9
REO 15.1 15.3 15.0
Nb2O5換算 12.0 10.6 11.9
量(千t)
Nb2O5 707 68 775
REO 1,769 216 150
Nb2O5換算 775 1,985 1,570
ページトップへ