閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年9月17日 シドニー Whatmore康子

ニュージーランド:ニュージーランド高等裁判所、豪OceanaGold社によるWaihi金鉱山における廃滓ダム用地の買収を認めると決定

 2020年9月14日付けのメディアによると、ニュージーランド高等裁判所は、豪OceanaGold社がWaihi金鉱山の廃滓ダム用地として、農地178haを買収する申請を同国政府より認可されていたことに対する環境団体Coromandel Watchdogの審理申請を棄却した。同社による廃滓ダム用地の買収申請は、2019年5月に緑の党議員であるEugenie Sage土地情報大臣によって却下されていたが、同年10月に当該買収は340人のフルタイム雇用を創出するなど公益に適うとの理由により、労働党議員であるGrant Robertson金融大臣とDavid Parker環境大臣から認可を取得していた。Coromandel Watchdogは今回の棄却を受け、上訴を行うか検討中であるとしている。また同社は、同国Otago地域で操業するMacraes金鉱山において採掘、選鉱、経済性の分析を行った結果、埋蔵量中のAu量が240千oz追加計上され、マインライフが7年間延長されて2028年までとなったことを発表した。

ページトップへ