閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年9月24日 サンティアゴ 椛島太郎

チリ:鉱業省、鉱業セクターの再生エネルギー使用は2023年に49%へ達すると予想

 2020年9月17日付け地元メディアは、Cochilcoのデータを基に鉱業省が発表した銅鉱業の電力需要について報じた。現在、再生可能エネルギー由来の電力が10.5%を占めており、2023年にはこの割合が49%に達すると予想されている。Cochilcoは、鉱石品位の低下に伴いプロセスでの電力消費が増大することから、2030年の電力消費量は33.1TWhに達すると予想している。鉱山会社が再生可能エネルギー由来の電力の導入を実現するためには、少なくとも次の3つの方法がある。
・再生可能エネルギープロジェクトの自主開発。
・再生可能エネルギープロジェクトに参画し、電力供給契約(PPA)を締結。
・電力会社と再生可能エネルギーを指定したPPAを締結。

ページトップへ