閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年9月24日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:2020年第2四半期の外国直接投資額が大幅減少

 2020年9月21日付け専門誌によると、2020年第2四半期の鉱業部門に対する外国直接投資額(FDI)は、COVID-19の感染拡大が影響したことから前期の291mUS$から大きく減少し76mUS$となり、2020年上半期のFDIは2019年同期比198mUS$減少した。なお、対鉱業部門FDIは2013年に過去最高額の5,440mUS$に達した後、2015年に過去最低額である92.2mUS$に落ち込んでいる。メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)は、COVID-19の影響により2020年は企業による支出額が落ち込むことを予想し、連邦政府に対して投資環境の確実性を高める政策の実施を求めている。

ページトップへ