閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年9月24日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:PolymetalUK社傘下Krasnoturinsk-Polymetal社、スヴェルドロフスク州で選鉱プラント建設を開始

 2020年9月15日付けの地元報道等によると、Krasnoturinsk-Polymetal社(Polymetal UK社傘下)は、スヴェルドロフスク州で選鉱プラントの建設を開始すると発表した。新規プラントはPeshchernoe鉱床の難鉱を処理する。サイトは開発中のVorontsovskoe金鉱床に近接している。また、将来的にプラントでは、Krasnoturinsk、Karpinsk、Ivdel市にある他の探査済み多金属鉱床の鉱石が処理される可能性もある。
 新規プラントの鉱石年間処理能力は450千tとなる。選鉱プラントのほか、生産複合体には精鉱貯蔵所、独自のユーティリティ、管理・生活関連棟が含まれる。生産される製品は、Amursk hydrometallurgical plantでの処理に適した貴金属・非鉄金属の精鉱となる。試運転は2022年に開始予定である。プロジェクト実施には総額約3.5bRUB(ロシア・ルーブル)が必要となる見込み。
 Krasnoturinsk-Polymetal社は、2018年末から先行発展地域(TOR)「Krasnoturinsk」に登録されている。ロシア連邦地質機構(Rosgeolfond)によると、同社は2018年5月からPeshchernoe金鉱床(鉱物資源量:鉱石2百万t、金505千oz)のライセンスを所有している。

ページトップへ