閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年9月24日 シドニー Whatmore康子

豪:WA州政府、探鉱作業計画書の月間受理数が過去5年間における最高水準に

 2020年9月18日付けのメディアによると、探鉱企業が探鉱実施前に提出を求められる作業計画書(Programme of Work:PoW)をWA州鉱山産業規制保安省(DMIRS)が受理した月別の件数が、2020年7月と8月にそれぞれ323件と317件と、過去5年間の月間平均数195件を60%以上上回り、月間における最高水準に達したことが明らかになった。DMIRSは2020年7月1日より、PoWの認可プロセスにおける所要日数を30日間から15日間に短縮しており、2020年8月に受理したPoWに関しては、その99%において既にプロセスが完了しているとされている。また、WA州Bill Johnston鉱山大臣によると、2020年7~8月に受理されたPoWは、その70%が金価格の記録的高値を背景に金に関するもので占められ、次いでベースメタルと鉄鉱石に関するものが高い割合を占めたとされている。

ページトップへ