閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン その他
2020年9月29日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:政府系鉱業関連機関FIFOMI、SGMが2020~2024年活動計画を発表

 2020年9月25日付け専門紙によると、連邦政府は同日付けの官報において、経済省管轄下にある鉱業振興信託(FIFOMI)ならびにメキシコ地質サービス庁(SGM)の2020~2024年の活動計画および任務を発表した。この中でFIFOMIは、経済省が2019年に発表した2019~2024年国家開発計画および、2020年6月に発表した2020~2024年経済部門プログラムに基づき、鉱業プロジェクトの創設および強化を目的に、資金不足により活動が停滞する中小零細鉱業関連企業に対し融資を継続することを発表した。またSGMは、鉱業生産部門の経済的かつ持続可能な発展に向けた探鉱増加、国の地質学的知識の生成と普及の促進、電力供給量増加を目的とする放射性鉱物鉱床(ウラン)と石炭の探査および評価促進の3点を主要の活動目標として発表した。なお、SGMが発表した官報によると、探鉱の欠如により地質学的知識が限られ、国内の鉱物資源が適切に管理されず、これにより鉱業部門への投資が弱体化し、中小および大規模鉱山関連企業に影響を及ぼしていることが危惧されている。

ページトップへ