閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2020年9月29日 シドニー Whatmore康子

豪:IGO社、WA州Novaニッケル鉱山における電気自動車の導入試験を完了

 2020年9月23日付けの地元メディアによると、豪IGO社は、同社の操業するWA州Novaニッケル鉱山において、坑内掘関連のサービス企業である豪Barminco社と共同で行った電気自動車(BELV)の導入試験が完了したことを明らかにした。使用されたBELVは、鉱山で多目的に使用可能な伯Agrale社製ディーゼル車であるAgrale Marruaをベースに、鉱山の安全対策関連設備を提供する豪Bortana社が開発したSafescape Bortana BELVである。IGO社は、2035年までに炭素排出量を実質ゼロとするため、鉱山の選鉱施設や車両の電化を目標としており、今回の導入試験は生産性や保安面も含めて成功裏に完了したと表明している。

ページトップへ