閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年10月7日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:Kinsevere銅鉱山、硫化鉱の採掘への移行のために2021年4月まで採掘休止

 2020年10月2日付けメディアによると、MMG社(中国Minmetals社の子会社)がDRコンゴにて操業するKinsevere銅鉱山の採掘を、2020年10月1日から2021年4月まで休止する。同社は本採掘休止の理由として、これまで採掘してきた酸化鉱から硫化鉱に移行するための準備を行うためとしている。鉱石処理プラントは引き続き稼働し、2020年の生産目標である銅量68~75千tには変更はない。同鉱山の酸化鉱の埋蔵量は枯渇し、採掘対象を硫化鉱に切り替えることで2030年までのマインライフになる。

ページトップへ