閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年10月15日 ロンドン 倉田清香

ドイツ:Aurubis社、2021年の銅精錬費は安定していると期待

 2020年10月7日付けのメディア情報によると、独Aurubis社senior vice presidentのMichael Hellemann氏は、銅産業が新型コロナウイルス危機をうまく乗り越えたため、2021年も銅精鉱の精錬費は安定するとの期待感を示した。このほか、「鉱山は高い生産能力で稼働しており、市場にはより多くの精鉱が出回っている。2021年には豊富な精鉱を入手可能だと考えている。他方、2021年には複数の製錬所がメンテナンスによる一時停止を予定しており、市場においてかなりの量の処理能力が失われるものと予想される。このため、鉱山側は製錬所の製錬能力を確保するために魅力的な溶錬・精錬費を提案しなければならない。」とコメントしている。

ページトップへ