閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年10月19日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省(MINEM)、Tia Maria銅プロジェクト向け送電開始を2025年に延期

 2020年10月13日付け地元業界紙によると、10月8日、エネルギー鉱山省(MINEM)は省決議RM307-2020-EMを公布し、Tia Maria銅プロジェクトへの送電を目的とするSouthern Copper社とのMontalvo-Tia Maria送電線220kvプロジェクトの契約について、不可抗力を理由として改訂し、送電線の操業開始の期限を2020年から2025年に延期する旨承認した。
 本送電線は、当初2013年に操業開始が計画されていたが、同プロジェクトへの反対運動などに係る社会争議を理由としてまず2016年に、その後同様の理由で2020年に再延期された。
 なお、今回の再延期に関しては、MINEMは社会争議以外にもCOVID-19の感染拡大を不可抗力の根拠として認めている。

ページトップへ