閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年10月21日 モスクワ 秋月悠也

カザフスタン:Kazakhmys Barlau社、銅埋蔵量700千t増加を見込む

 2020年10月13日付けの地元報道等によると、2020年10月初め、Kazakhmys Barlau社のGalym Nurzhanov CEOは、Zhezkazgan鉱床での地質調査の中間結果により、銅埋蔵量の700千t増加が予測されると述べた。また、同氏は、「我々の戦略的目標は、2030年までに銅の埋蔵量を5百万t増加させることである」としている。
 Nurzhanov氏によると、政府はKazakhmys社に対し、Zhezkazgan、Satpaev、Balkhashの企業城下町形成企業の仕事を長期的に確保するように指示をした。現在、Kazakhmys社の銅の確認埋蔵量は762百万tとされている。
 現在、Kazakhmys Barlau社は14件の投資プロジェクトを実施しており、うち7件は新規プロジェクトである。同社の2020年の地質調査に関する支出は6.5bKZT(カザフスタン・テンゲ)である。

ページトップへ