閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2020年10月21日 シドニー Whatmore康子

豪:Pure Minerals社、QLD州Townsville Energy Chemicals Hubニッケル・コバルト精錬所におけるオフテイク契約のMOUを韓LG Chem社と締結

 2020年10月15日付けのメディアによると、豪Pure Minerals社は、QLD州で建設を予定するTownsville Energy Chemicals Hub(TECH)ニッケル・コバルト精錬所におけるオフテイク契約のMOUを、韓LG Chem社と締結したことを明らかにした。LG Chem社は、化学製品と電気自動車(EV)向けリチウムイオンバッテリー(LIB)を製造する大手企業であり、Pure Minerals社は当初3~5年の期間において、Ni及びCoの含有量でそれぞれ年間最大10千t及び1千tを、混合水酸化物(MHP)やバッテリー用硫酸塩の形態で同社に供給する予定である。LG Chem社はこのMOUに基づき、オフテイク契約においてTECH精錬所に資金支援を前払いで行うことを検討するとしている。一方、Pure Minerals社は、TECH精錬所の2020年3月のPFS更新におけるNi及びCoの年間生産量をそれぞれ6千t/年及び650t/年と予測しており、LG Chem社とのオフテイク契約に基づく供給量を下回るため、今後生産量を拡大することを検討するとしている。

ページトップへ