閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2020年10月23日 ロンドン 倉田清香

英:Pensana Rare Earth社、英国にレアアース処理施設を設置するための調査を実施

 2020年10月12日付けのプレスリリースによると、世界初の持続可能なマグネット金属のサプライチェーン構築ため、英Pensana Rare Earth社は、英エネルギーサービス会社のWood Group社に同国における統合レアアース処理施設設置に関する調査を委託したと発表した。Pensana Rare Earth社は、混合レアアース炭酸塩の生産を含むアンゴラのLongonjoレアアースプロジェクトの設計を進めてきたが、英国にレアアース酸化物生産施設を設置することによって下流にもステップを進め、付加価値を生み出す機会を得ることとなる。電気自動車(EV)及び洋上風力タービン産業のための重要金属の供給源に対する関心が高まる中、中流のマグネット金属供給を下流のマグネット生産能力と結びつけることによって、持続可能なマグネット金属サプライチェーンを作り出すことができるとしている。世界最大級のレアアース資源量があるLongonjoプロジェクトと英国の処理施設とが協同し、今後20年に亘って世界最大の風力発電所になると予想される英国のDogger Bank風力タービンに供給するのに十分なレアアース酸化物を生産することができるとしている。

ページトップへ