閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年10月26日 リマ 栗原健一

ペルー:Cusco州Chumbivilcas郡地域住民、Las Bambas銅鉱山への抗議で南部鉱物輸送道を封鎖

 2020年10月19日付け地元紙によると、同日、Cusco州Chumbivilcas郡Velille区Tuntumaコミュニティの住民約400名が南部鉱物輸送道の一部区間を封鎖し、約300台の車両が通行できない事態となった。
 住民らはLas Bambas銅鉱山による約束が履行されないことへの抗議として道路封鎖を実施したと主張している。
 TuntumaコミュニティのRimache代表は、Las Bambas銅鉱山との間には10年前から一連の約束が存在するが、そのいずれも履行されていないとしたほか、南部鉱物輸送道や本道を通過するトラックによってコミュニティの農地減少や家畜死亡の被害を受けていると主張、国による仲裁が行われるまで抗議を続けると表明した。
 これに対してMinera Las Bambas社は、Tuntumaコミュニティ指導者からは開発プロジェクト実施のため1mPEN(ヌエボ・ソーレス)を超える予算が請求されたものの、技術的根拠について説明できなかったことから同社から別の提案を行ったが、コミュニティによって拒否されたとの経緯を説明した。その上で、同社は対話による合意形成にはいつでも応じる考えであることを明らかにした。

ページトップへ