閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2020年10月26日 サンティアゴ 椛島太郎

アルゼンチン:Josemaria銅・金プロジェクトのFS結果

 2020年10月19日付け、Josemaria Resources社はアルゼンチンSan Juan州に位置するJosemaria銅・金プロジェクトの経済性評価(FS)の結果を発表した。同プロジェクトは、19年間のマインライフ、平均年間生産量:銅136千t、金7.2t、銀36.2tで、2026年の商業生産を目指す。露天採掘、給鉱量152千t/日、浮選により精鉱を生産し、トラックと鉄道でRosario港へ運搬する。税引き後NPV(8%):1.53bUS$、銅価格3US$/lbに基づくIRR:15.4%、CAPEX:3.09bUS$、投資回収期間:3.8年、剥土比:0.98、可採鉱量:Cu 1.012十億t@0.30%、Au 0.22g/t、Ag 0.94g/tとなっている。2021年には、環境社会影響評価を提出する予定。今後、資金調達をはじめ、州および連邦政府との税安定協定に関する交渉が課題となる。

ページトップへ