閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2020年10月26日 ロンドン 倉田清香

その他:ILZSGの亜鉛需給予測、2020年は620千t、2021年は463千tの供給過剰

 2020年10月16日及び19日、新型コロナウイルスのためウェブ会議で国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2020年及び2021年の亜鉛需給予測について協議が行われた。2020年及び2021年の亜鉛需給バランスについて、2020年は620千t、2021年は463千tの供給過剰と予測した。
 供給サイドについて、亜鉛鉱石生産量は、2020年は前年比4.4%減の12.33百万t、2021年は前年比6.6%増の13.14百万tと予測した。2020年は多くの国が新型コロナウイルスによる制限措置の影響を受けており、特に今年前半はボリビア、メキシコ及びペルーを含むラテンアメリカにおいて顕著であった。2021年はほぼ全ての国で生産量が増加すると見込んでいるが、ナミビア及びポーランドでは減少が見込まれる。
 亜鉛地金生産量は、2020年は前年比0.9%増の13.6百万tと予測した。中国における生産量が前年比1.6%増加するほか、豪州、カナダ、フランス、イタリア、インド及び米国においても増加すると見込んでいるが、日本、ペルー及びナミビアでは減少すると見込んでいる。2021年は前年比2.9%増の13.99百万tと予測した。主に中国、インド、米国、日本、メキシコ、ペルーにおいて生産量が増加すると見込んでいる。
 需要サイドについて、亜鉛地金消費量は、2020年は前年比5.3%減の12.98百万t、2021年は前年比4.2%増の13.52百万tと予測した。中国については、2020年は前年とほぼ横ばい、2021年は前年比2%増と見込んでいる。欧州については、2020年は主にフランス、ドイツ、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スペインにおける減少により前年比7.7%減、2021年は前年比6.5%増と見込んでいる。また、他の国については、2020年は豪州、インド、日本、ロシア、韓国、台湾及び米国を含む多くの国で減少する一方、2021年には大半の国で回復すると見込んでいる。

ページトップへ