閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年10月27日 リマ 栗原健一

ペルー:政府、米国との間でエネルギー資源ガバナンス・イニシアチブに係るMOUを締結

 2020年10月23日付け地元業界紙によると、ペルー政府は、米国との間で近年需要が拡大している戦略的資源の供給のための協力の枠組みとして「エネルギー資源ガバナンス・イニシアチブ(ERGI)」に係るMOUを締結した。本MOUはTalaveraペルー外務大臣、Gálvez鉱山副大臣とFanon米国務省エネルギー資源担当次官補により署名された。
 ERGIは鉱業セクターのガバナンス確立や戦略的鉱物の強固なサプライチェーン推進を目的として、参加国によるガバナンス原則の促進、グッドプラクティスの共有、投資のための透明性の高い競争を促している。またERGIに係るMOUは豪州、ボツワナ、カナダによっても締結されている。
 なお、ペルー・米国間のMOUバーチャル署名式では、出席者はERGIの具体的な成果として、鉱業におけるグッドプラクティスを模索する国々にとってのオープンソースツール(www.ergi.tools)が設置されたことや、ペルーの金融開発公社(COFIDE)が融資決定基準の中にERGIの原則を含めたことなどが強調された。

ページトップへ