閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タンタル リチウム
2020年10月28日 シドニー Whatmore康子

豪:Liontown社、WA州Kathleen Valleyリチウム・タンタルプロジェクトにおける下流事業のスコーピングスタディ結果を発表

 2020年10月22日付けのメディアによると、豪Liontown Resources社は同社がWA州で進めるKathleen Valleyリチウム・タンタルプロジェクトに関し、下流事業に当たる水酸化リチウム製造と硫酸リチウム製造に関するスコーピングスタディ結果を発表した。同スコーピングスタディは、Liontown社が2020年10月に発表した同プロジェクトの上流事業に関するPFSに基づくもので、下流事業では水酸化リチウム(58千t/年)と硫酸リチウム水和物(88千t/年)のいずれかを製造することを想定しており、CAPEX、マインライフにおけるOPEXの平均、NPV(割引率8%)、IRRは、水酸化リチウム製造でそれぞれ1.1bA$、4,744US$/t、4.8bA$、41%、硫酸リチウム水和物製造で900mA$、2,649US$/t、3.2bA$、35%と試算されている。

ページトップへ