閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2020年10月30日 バンクーバー 武市知子

加:テクニカルレポートの虚偽報告で探鉱ジュニア企業が証券法に違反したとして、BC州規制当局が発表

 British Columbia Securities Comission(BCSC)は、2014~2017年にかけて加探鉱ジュニア企業First Mexican Gold社(現QcX Gold社)の前最高経営責任者(CEO)と外部コンサルタントが証券法に違反したことを発表した。同社がメキシコSonora州で所有する鉱床の金・銀の資源量に関し、過大評価された信頼性の低い数値をテクニカルレポートで公表したとともに、同レポートを作成した外部コンサルタントは作業を行うための資格を保有していなかったとされている。
 1990年代後半の加Bre-X Minerals社による虚偽報告で投資家が6bC$を喪失した事件を受けて、カナダでは2000年代初頭に鉱山企業のテクニカルレポートの作成方法や作成者の資格要件が規定され、それは現在でも世界で最も厳しい基準である。5年以上の鉱物プロジェクトの評価経験を有するエンジニア、かつそのプロジェクトにおいて適切な専門知識を持つ独立した立場にある人物をテクニカルレポート作成の「有資格者」と規定している。

ページトップへ